10/28/2016 フォトコンテストの優勝者も日本から!

厳正なる投票の結果、栄えある優勝者は「株式会社リッチフィールド美浦(一般農業法人)」さんに決定しました。

 

関連記事は こちら から(英語のみ) また投稿された画像は、サミット期間中に「世界におけるGLOBALG.A.P.」 フォトマップ 上に掲示されました。

 

株式会社リッチフィールド美浦のHP は こちら から。

 

 

10/22/2016 サミット関係の画像をご覧ください

GLOBALG.A.P.サミット公式サイトにアップロードされた、サミット期間中の画像です。

一日目・レセプション・二日目・見学ツアーと分かれていますので、公式サイトに移動して、上部のメニューからそれぞれの項目をお選びください。

 

下には、当協議会に関係ある画像を幾つか抜粋し(copyright: GLOBALG.A.P.org)、更に協議会で撮影したもの(版権:GLOBALG.A.P.協議会)も加えました。

 

画像の公式サイトは こちら から 

 

 

10/22/2016 YouTube のサミット関係の動画をご覧ください

開催ご案内動画は こちら から(06/13公開)

 

サミットの印象は こちら から(10/12公開)

 

イベントまとめは こちら から(10/17公開)

 

9/27-28/2016 アムステルダムでグローバルGAPサミットが開催されます

サミットの公式HP(英語のみ)は こちら から。

 

今年のグローバルGAPサミットでは、日本からも多くの関係者がパネリストとして参加します。これまでのように、議論の行く末を単に傍聴するだけではなく、モンスーンアジアの農業や農産物の安全性に我が国が積極的に貢献していくという姿勢をアピールする絶好の機会です。GAPの文化は日本のものでも欧米のものでもありません。農産物の安全性や持続可能な農業への取組みを差別化とマーケティングに利用するのではなく、GAP文化を世界で共有していくべきです。

 

我が国からのパネリストのご紹介(顔写真はリンク先にあります)は以下のとおりです。

 

1日目(9/27)総合討論

16:00~17:30:「もっと多くの政府をグローバルGAP運営に -官民の協力を拡大する為に-」

 

農林水産省生産局農産部農業環境対策課 生産専門官 亀谷 充(略歴は名前をクリック)氏

 

2日目(9/28)分科会

09:00~10:00:「能力開発とG.A.P. -内から外へと拡散していくGAP文化-」

 

青森県立五所川原農林高等学校 校長 山口 章(略歴は名前をクリック)氏

青森県立五所川原農林高等学校 生徒 境谷 彩華(略歴は名前をクリック)さん

 

2日目(9/28)総括

16:30~17:00:「閉会にあたって」

 

青森県立五所川原農林高等学校 生徒 境谷 彩華(略歴は名前をクリック)さん